トイレ掃除   


私はお手伝いと言う言葉、実は好きではありません

子供には、

「家族の一員なんだから、役割をもって、協力することは大切だよね」

「ママは夕食を作って、みんなに食べてもらうという役割を持っている。ママがそれをしなかったら、家族はすごく困るよね」

「だから、トイレ掃除をするということも、同じ位大切なこと」



最近親子共にだらけ気味だなぁ002.gif

お手伝い至上主義! ―「自分で決めてできる」子どもが育つ

見てみて! やっぱりお手伝いと受験は関連性があります。これが就活にも通じます!

娘にもトイレ掃除を継続させなきゃ003.gif

■内容紹介
全国の親御さん、先生が「まっとうすぎる! 」と大絶賛。

ベストセラー『経営戦略全史』の三谷宏治氏による異色の子育て本
『お手伝い至上主義でいこう! 』が新しくなりました!
各種最新データで「お手伝い」の効果を実証!
あの「三谷家の3姉妹」のその後の成長ストーリーも必読です!

「ヒマ・貧乏・お手伝い」を最重視するお手伝い至上主義。
「与え過ぎない教育」が自立した子どもを育てます。

☆指示を与えすぎない→主体性 ☆予定を与えすぎない→自己管理
☆モノを与えすぎない→発想力 ☆カネを与えすぎない→意欲
☆答えを与えすぎない→問題発見力 ☆勉強を与えすぎない→学習能力
☆夢を与えすぎない→自己鍛錬機会

「今、大都市圏で過熱する小中学受験は、多くの燃え尽きた子どもたち、
生きる力に欠けた子どもたちを生んでいると感じます。
毎日長時間に及ぶ学習塾通いのために、親が全てを準備し他には何もさせず、
さらには学校に対して「負担だから宿題を出すな」とまで要求する・・・。
結構、普通に見かけます。それでは、ダメなのです。
勉強はできても、働くことの意味を知らない、段取りの下手な、仲間のいない、
ひいては就職力のない子どもたちになってしまうのです。
自立どころか、ニートまっしぐらの道です。そこからどうやったら抜け出せるでしょう?
・・・「与えすぎない」、「ヒマと貧乏とお手伝い」、「放牧型イベント」が、私が出した答えです。
そしてその中核が「お手伝い至上主義」。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-02-18 20:44 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

<< 手作りカード 書籍:子どもを本好きにする10の秘訣 >>