公文の推薦図書 私が読む→娘が読む   


公文の推薦図書 娘でも十分によめる程度の優しさなのですが、私がまず読んであげています

読んであげる時には、私がページをめくらず、娘にページをめくらせています

文章を軽くおってほしいからです

そうでないと、絵ばかり見て終わってしまうので、絵を見て、文章を目でおっての作業をさせています

こうしてから、「次、読んでみて」とするとスラスラ読んでくれるのです

そうでないと・・・声が小さくなり、本人も読みづらそうなので、2段階方式とっています(笑い)

しばらく、この方法かなぁ



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-02-24 21:17 | 読書 | Comments(0)

<< 九九 スタートしています 一人で起きれた! >>