東京大学と慶應義塾大学の数学科と数理科学科の学生やOB・OG おすすめのおもちゃ   


昨年のクリスマスプレゼントで購入したのが、こちら

ポリドロン 標準セット


選んだのは、雑誌に載っていたから・・

特に、注目されたのは「ポリドロン」。3歳の頃から遊んでいたというのは、Yさんだ。

「中学受験の算数で、図形を切断した面の形を問うものや、展開図を組み立てるとどんな形になるかを問う問題が不得意な子は多いですが、私は得意でした。図形問題を解くヒントを直接的に得たわけではありませんが、苦手意識を持たず、直感的に立体的な図形の組み合わせの感覚が理解できるようになったと思います」

ポリドロンのパーツで作っていたのは三角錐やサッカーボール、弟の“帽子”など。遊んでいたら、空間把握力がいつの間にか身についたそう。

ほかの3点、ピタゴラス、マグ・フォーマー、ゲオマグはいずれも磁石が内蔵されているのが共通点。手先が器用ではない小さな子から、大学生まで遊ぶことが可能だ。

もともと、我が家は、こぐま会の問題集で、色々な立体図形の展開図を理解させていました

でも、自分で創りだすのは楽しいなぁと思い、購入

保育園でもピタゴラスは使ってましたけどね

こちらのポリドロンのほうが、発展性がある気がして・・・

親も結構楽しめます113.png



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-12-09 17:41 | 玩具・教材 | Comments(0)

<< 小1:体操教室 頑張っています 「慶應中等部が受験で"... >>