カテゴリ:読書( 17 )   

くもんの推薦図書   

★2018年 小学1年生の女の子の日々を書いてします★

そこまでくもん信者ではないですが・・・

くもんのホームページにもでている推薦図書はおすすめです

娘が今読んでいるのは

てぶくろをかいに (おはなし名作絵本 4)

とても良い本ですよね

ほのぼのします

冬の今読むと、これまた良い162.png









どなたかのブログで見たのですが、読書をしていないと、文章を読むのが遅い 

遅いとテストの時間が足りなくなる・・・

早く読むためには、低学年のうちから、本を読むことが大切・・・と書かれていました


うちの娘はのんびりやでして、小学校受験で、てきぱきできるように、訓練しました

だって、模擬試験の時、「はじめ」って言われて、8秒後に「やめ」と言われた問題があるんですよ!

うちの娘、鉛筆もって、書くことなく、終わりでした145.png

小学校受験もスピードの世界

中学受験も一緒なんですね~

くもんの推薦図書でたくさん本を読ませます!






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-02-13 18:47 | 読書 | Comments(0)

最近、こちらの本がお気に入り   


基本的にくもんの推薦図書を順番に読ませているのですが(私が半分読んであげています)

本屋で、本人が選んで購入したこちらの本を、好んで読んでします

こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)

大人でもなるほど~という内容が書かれていて・・・大人にもおすすめ

子どもと一緒に考えながら、読み進めるのも、とってもいいです!

勉強もいいけど、心を育てることも忘れてはいけないですね




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2018-01-19 19:13 | 読書 | Comments(0)

音読成果でてきた??   


あんなにたどたどしかったのに・・・

音読の成果が少しみえてきました

確実に読めるようになってきた

はぁ~ 階段を1段あがった気がする

この1段が長かった103.png

それを感じたのは、この本

ジェインのもうふ―アメリカのどうわ

忘れられない1冊です113.png

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-09-04 19:47 | 読書 | Comments(0)

夏休みの宿題に読書がでています   


夏休みの宿題に読書がでています

私自身、小学1年生の時に、100冊は確実に突破していました

そう、小さい頃から読書好き

娘は・・・

絵本の読み聞かせは好きなのですが・・ 自分が読むのは苦痛みたいです

たどたどしく音読されると、親の方も苦痛を感じるのですが

「上手になったね!」とほめるほめる

保育園時代の縄跳びと同じで、なかなかうまくいかない

とにかく日々の努力なんですね


くもんだけでなく、学校の宿題も読書なので、何冊読めるか!!!

親が試されているわけですよね!!!

毎日1冊 がんばるぞーーー


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-07-30 20:46 | 読書 | Comments(0)

母と子 二人で音読   


小学1年の娘は、まだまだ音読がたどたどしいです・・・

絵本の読み聞かせはずっーとしていましたが、平仮名の勉強は、ほぼ小学校に入ってからなので、音読がすすみません

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)

くもんの推薦図書を順番に読み進めていますが・・・

この本も結構文字いっぱい

娘が一人で読み切るには・・・まだまだ難しいのです

それで、見開きで、文字の多い方のページは私が読み、文字の少ない方のページを娘が読むという方法で、音読しています

そんなゆっくりペースですが・・なんどか音読を進めています102.png

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-07-20 22:10 | 読書 | Comments(0)

なぜ? どうして?   


子どもの好奇心

「なぜ」「どうして」っていう言葉大好きです

私自身、年中位の時に「なぜ」「なぜ」と母によく言っていたのを覚えています111.png


この「楽しく学べるシリーズ」を本屋に行くと、娘にせがまれます

まだ、上手に本が読めないので、私が読み聞かせしています

たのしい! かがくのふしぎ なぜ?どうして? 1年生 (楽しく学べるシリーズ)

2年生くらいになったら、自分で読むようになるでしょうから、読み聞かせできるのも、後すこしなのかぁ

私も知らない、色々なことがのっているので、意外に親も楽しめます113.png



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-06-30 22:55 | 読書 | Comments(0)

並行して読み聞かせ   


いつまで読み聞かせが必要なのかなぁと思っていましたが、小1の娘にはまだまだ必要のようです

耳からの読書はとても大切なんですね

自己肯定感のある子にしたいので、そういった意味でも、読み聞かせはやはり大切なようです

もう少し、娘への読み聞かせを続けて、その時間を楽しもう162.png

12歳までの読み聞かせが子どもの「地頭」をつくる!




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-06-07 18:39 | 読書 | Comments(0)

小1:子供4人を東大にいれた佐藤ママも実践した読み聞かせ   


子供4人を東大にいれた佐藤ママも実践した読み聞かせ・・・

3歳までに1万冊ですって・・・104.png

ヒェー

ありえないことを達成することは、実践することがありえない

私は、娘が年長のころで、年間1000冊でした

娘を東大にいれたいと思うなら、もっと読むべきだったろうか・・・

もう遅いのか

今年も1000冊は頑張りたいと思う、今日この頃です148.png


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-04-25 21:27 | 読書 | Comments(0)

小1:花まるのこの本! 「子どもを本好きにする10の秘訣」   


テレビなんかでも特集されることのある「花まる学習会」の代表が書かれた本

手元に置きたい本の一冊です

子どもを本好きにする10の秘訣


くもんの推薦図書と同様、低学年で読むべき本、高学年で読むべき本が、分野別に書かれており、参考になります

娘は、週10冊ペース位なのですが、最近、学習まんがに加え、ボリュームある絵本を読むようになってきて、読み聞かせが結構大変

あまりに大変で、図書館の予約作業を主人に引継ました

毎週パソコンでの予約作業に15分位かかってましたので、浮いた時間は、読み聞かせにまわします

思い描く子育てをするには、色々大変で、夫婦で協力が必要です!

頑張るぞ!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-04-17 23:23 | 読書 | Comments(0)

学習まんがの伝記 やっぱりスゴクいい   


本は、基本的に公文の推薦図書を参考に、発達や学習進度に合わせて、読み聞かせ、音読をしています

娘は、学習まんがを気にいっていて、ヘレンケラー、グレースケリー、ナイチンゲールなどなど・・・女性の伝記がお気に入り053.gif

先日、こちらを読んでいて、

マリア・フォン・トラップ (学習漫画 世界の伝記NEXT) (学習漫画世界の伝記NEXT)

内容(「BOOK」データベースより)
1965年に公開され、現在でも世界で人気の映画『サウンド・オブ・ミュージック』に出てくるトラップ一家は、実在の家族合唱団でした。そしてそのトラップ一家を支えつづけたのがマリア・フォン・トラップです。一家は破産したり、ナチスドイツに支配された故郷をはなれて難民となったり、アメリカにわたっても家がなかったり、合唱団の人気がでないなど、さまざまな困難にあいますが、マリアは一家を導き、家族の未来を音楽で切りひらいていきました。何事にもくじけず明るく生きたマリアの人生は、真実の『サウンド・オブ・ミュージック』の物語として世界中の人びとをひきつけています。

そうなんです!

あの人気の映画『サウンド・オブ・ミュージック』の女性なんです!

この女性の生き方がとにかく素晴らしくて、娘と一緒に読んで、刺激を受けました

どんな大変な時でも、今できることを一生懸命に!

娘に私の感想をいいながら、一緒に読書できる幸せ

娘と一緒に読み進めたいと思います016.gif


学習漫画 世界の伝記NEXT 第1期 全23巻セット




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-03-16 22:05 | 読書 | Comments(0)