カテゴリ:一般常識・マナー・躾など( 20 )   

防災グッズ見直し   

★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

防災の日に色々と家族で話し合い、避難リュックの中の古くなった缶詰などを、食べて処分したり・・・

その間に、北海道で大きな地震

あ~自然災害は本当に恐ろしいです

東日本大震災を思い出してしまいます145.png

今年は、缶詰のパンを新たに注文

パンの缶詰め 6缶セット(ブルーベリー・オレンジ・ストロベリー×各2缶)
もし、期限間近になり、食べて処分することになった時に、これなら美味しく頂けそうだと思い購入しました162.png

食べたいが・・・・食べられない

口コミには美味しいと書かれていたので、食べる日が楽しみです




★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村






by rinrin2016 | 2018-09-15 22:04 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

小2:Eテレ 子ども安全リアル・ストーリー   

★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★


子ども安全リアル・ストーリー(こどもあんぜん・リアルストーリー)は、NHK Eテレにて放送されている教養番組で、小学4年生から6年生を対象に、子どもを狙った犯罪や子どもの事故から自分の身を守る方法を教える番組です
映像なので、親が「危険だ!気をつけなさい!」と注意するより、こちらの方がよいですね!

番組のねらい
●「安全」に対する意識を高める!
子どもを狙った犯罪、子どもの事故。多くの保護者にとって「安全」は、昔も今も変わらず大きな関心事。「子ども安全リアルストーリー」は、小学生(4~6年生)を対象にし、これまであったようなデフォルメされた表現(悪い人=サングラスとマスクのような)を少なくし、リアルにわかりやすく自分の身を守る方法を伝えます。身の危険にあうとは具体的にどういうことなのかをドラマのリアルさで体感しながら知ることで、何に気をつければいいのか、子どもたちの安全に対する意識を高めます。

●気をつけるポイントを紹介!
安全のことをよく知っているヤギのヤギ太。一見キュートに見えるヤギ太だけど、実は目を見ると怖~い!日常生活に潜む「危険」についてヤギ太がマナちゃん(芦田愛菜ちゃん)と解説します。声かけで注意しないといけない例や、熱中症の症状レベル、自転車を運転するときに気をつけること、など数々のポイントも紹介します。

  >>こちらがサイト

小2でも、我が家は、私立のため、電車に乗っていき、通学時間も長いので、色々と心配なことも多いです(公立も今は一緒かな)

子どもを守るため、こういった番組を活用しましょう!



★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村






by rinrin2016 | 2018-08-26 11:23 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

ご先祖様は大切に   


★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

家族のつながりやご先祖様のことを学ぶには!

この1本

リメンバー・ミー

ディズニー映画

家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。ある日、彼はガイコツたちが楽しく暮らす、カラフルで美しい死者の国に迷い込んでしまう。日の出までに帰らないと、ミゲルの体は消えて永遠に家族と別れることに…。唯一の頼りは、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも生きている家族に忘れられると、死者の国から存在が消えるという運命が…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ重要な鍵──それは、ミゲルが大好きな名曲リメンバー・ミーに隠されていた…。



私は映画館で観たのですが、娘もまた見たい!とお気に入りの映画

ご先祖様のこととか、教えるのってすごーく難しいですよね

でも、これなら、何も言わなくとも伝えられるかな

とっても素晴らしい内容です

おすすめ113.png



★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-08-25 18:27 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

小2:戦争について学ぶ   

★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

漫画は読ませない方針なのですが、これなら解禁してもよいかなぁと、アマゾンに注文しました

夏は、戦争について学ぶよい時期だと思いますが・・・はだしのゲンとかは、まだ早いなあ~とこちらをチョイス

この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

商品の説明
第二次世界大戦中、広島の漁師町に育ち絵を描くことが好きな少女・浦野すずは、急遽、軍港・呉に住み、海軍に勤務する周作・北條家に嫁ぐことになる。戦時中とはいえ当初は比較的普通の夫婦生活を送り始める。戦争中の庶民の日常生活をリアルに描いており、気楽でもなく、かといって極端に悲惨でもなく、現代においてもどこにでもある日々の家族愛を表現しつつ、ストーリーは展開していく。



★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


by rinrin2016 | 2018-08-11 18:17 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

小2:映画「この世界の片隅に」   


★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

戦争のこと、その悲惨さを知る必要があります

娘に見せたこの映画

心に残っているようで、また見たい!と言います



今、TBSでドラマが始まっていますよね~

2018年7月15日スタート 毎週日曜夜9:00/TBS系

こうの史代の同名漫画をドラマ化。太平洋戦争のさなか、広島・江波から呉に嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らす掛け替えのない日常を描く。すずを演じるのはオーディションで約3000人から選ばれた松本穂香。すずの夫・周作を松坂桃李が演じる他、尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤蘭らが出演する。

映画とは異なる部分もありますが、実写ですから、よりリアルです

平和な未来を創るために、私が娘に伝いたいこと!


★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-08-10 17:31 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

小2:お小遣い その後   


★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

お小遣いをスタートして、3ヶ月がたちました



メリット
1)お金の計算が、できるようになってきた(完全にはできない)
2)お金は大切なものと思うになってきた
3)スーパーで物の値段を見て、高い、安いと判断できるようになってきた
4)お小遣い帳を書くことができるようになった

デメリット
1)ものすごいケチになった145.png


メリットは嬉しいものばかりなのですが

デメリット「ものすごいケチになった」

全然、お菓子買わないんです

というか、お金が減るのがイヤなんですよね

小遣いがまったく減らない

おやつは保障されているし、祖母がお菓子をくれるので、お菓子買わなくても、それほど困らない

欲しいものも特にない・・・

なんて恵まれているのでしょうか149.png

一人っ子 恵まれ過ぎ


余りにも貯まりすぎたら、郵便局に行って、ATMにお金を預けようと思います

それも勉強ですからね!


まぁ 色々課題もありますが、お小遣いおすすめです113.png





★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-07-02 18:28 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

お料理のお手伝い   


★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

男でも女でも、関係なく、これからは料理位は作れなくれなくては困ります!

我が家は小学校受験をしたこともあり、週末の1日は、私とキッチンにたち、料理をしてもらうようにしていました

普段、保育園児ということで、母とキッチンに立つという経験が乏しいので、せめて週1を習慣に!と続けています

先日は、一緒に餃子を作りました


難しいことは出来ないので、ニラとシイタケとショウガを細かく切ってもらい(三分の二は私がきる)、ひき肉をあわせて、ビニール袋の中で混ぜ混ぜ

そこへ、塩、しょうゆ、酒、こしょうを入れ、さらに混ぜ混ぜ

それで皮で包めば完成113.png


餃子は包み方が難しいので、娘は苦戦していましたが、肉の量を少なくして、なんとか包みました

指先を使うということは、とても大切ですから、餃子作りは、子どもの発達にいいですね~

これ、年中では難しいですから、成長したのだなぁと思います


お料理は、本来、献立を立て、材料を買い、段取よく作り上げるという、小さなプロジェクトです

そして、「心」 

「美味しくな~れ」の魔法も忘れず




頭だけでなく、心も育てる!

子育てって大変だけど、楽しいですね~110.png





★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-04-18 18:33 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

お小遣いスタート   


★2018年4月に小学2年生になった女の子の日々を書いています★

お小遣いをスタートします!

早いんじゃないの?

主人はそう言いましたが、私は、お金を使うことについて、娘に真剣に考えてほしいので、家族3人で話し合い、お小遣いをスタートです


内容紹介
小さいうちから「おこづかい」をうまくあげることができれば、
将来、子どもが家計管理や金銭管理をラクラクこなす人に育ち、詐欺などに引っかかることもありません!

電子マネーの発達などにより、お金の姿が見えなくなりつつある昨今、
子どもの金銭教育の重要性は以前にも増して高まっている。

金銭教育のツールとしては
少額からだんだん大きな額まで自分でじょうずに使いこなしていけるようになるためにも、実はおこづかいがピッタリ。

おこづかいをうまくあげることができれば、
将来の家計管理や金銭管理もラクラクできる人に育つはず。

以前刊行して好評だった翻訳本「子どものおこづかい練習帳」の考え方をベースに、
日本で使いやすいおこづかいのあげかたの提案をする。
提案部分の骨格を西村隆男先生が担当。
アレンジや実感に基づくアドバイスなどを藍氏が担当。

内容は、
「おこづかいシステムをマンガで」
「子どもたちの金銭感覚のいま リアルなきマネーの中で」
「おこづかいは子どもの金銭教育に最適なツール」
「おこづかいのあげ方の基本システム」
「時期別おこづかいのあげかた」などなど…。


かわいいこづかいちょうもたくさん販売されているのですね~

まぁどこの親も考えることは一緒のようです101.png



★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-04-14 18:02 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

こんどうまりえごっこでお片付け   


ご存じですか?

近藤麻理恵(こんどう・まりえ)
片づけコンサルタント。幼稚園年長から「ESSE」や「オレンジページ」等の主婦雑誌を愛読。掃除・片づけ・料理・裁縫などの家事をこよなく愛し、「花嫁修業」的な小学生時代を送る。中学3年のとき、ベストセラー『「捨てる! 」技術』を読んで開眼、本格的に片づけ研究を始める。大学2年のとき、コンサルティング業務を開始、「こんまり流ときめき整理収納法」を編み出す。「一度習えば、二度と散らからない」ことが評判となり、口コミだけで顧客を広げ、卒業生のリバウンド率ゼロが話題に。2011年、初めて書いた本『人生がときめく片づけの魔法』がミリオンセラーとなる。その後、シリーズ続刊『人生がときめく片づけの魔法2』『毎日がときめく片づけの魔法』『イラストでときめく片づけの魔法』を出版した。『人生がときめく片づけの魔法』は現在、海外35か国で刊行が決定し、なかでも英語版『The Life- Changing Magic of Tidying Up』は、アメリカで155万部突破の大ベストセラーとなる。「ニューヨークタイムズ」紙から取材を受けるなど、海外のメディアからも注目を集める。著者の名字「Kondo」は、「こんまり流で片づける、整理する」という意味で英語の動詞として使われるなど、世界中で「こんまり」旋風が巻き起こっている。2015年4月には、米「TIME」誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出され、大きな話題を呼んだ。2015年夏、第一子を出産。初めての子育てに奮闘しながら、「世界中のおうちを片づける」ことを目標に、片づけの指導を行っている。



私もテレビで、見てファンになり、断捨離して整理して・・・

未だに繰り返しています

おもちゃ箱の中身が汚い、物を色々な場所に置く娘の教育のために、こんまりごっこをしています

娘がこんどうまりえ先生という設定で、家に片付けをしに来てもらいます

「先生、この引き出しなんですが、綺麗になりますか?」

「まずは、ゴミ箱を用意しましょう ときめかないもの、いらないものを捨てましょう!」

「はい 先生177.png

遊びでやったこの方法、これがなかなかうまくいくのです!


おすすめ


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-09-25 17:58 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)

小学生のうちに身につけよう   


習い事先でのこと・・・

そこは、地元の人が通う、とっても気さくな習い事なのですが、子どもたちのマナーに疑問を感じる

大人の私にむかって「あのさぁ」「えっ それ どうしたの」「貸して」「ちょうだい」

タメ口です

小学生までに身につける子どもの作法―「あいさつ」から「食事のしかた」まで

本当のこというと・・・私は、すごく居心地悪いのです

わが娘は、お教室に入ると、一礼して「こんにちは」とするタイプなので、最低限の礼儀はOK

誰かの親にむかって「あのさぁ」なんてところは見たことがありません、「これは○○ですか?」と敬語

それが当然と教えてきました

娘の学校の生徒の方とお話しすることがあるのですが、敬語で話しかけてきてくれます

そのお教室は、親も付き添いにきて、待っていることができるのですが、親の服装も自由だし、会話も自由

髪の毛も茶色のお母さん

話し方も女子高生のような話し方

40過ぎの私には、ついていけない世界

でも・・・先生はとってもいい先生、家からも近くて、行きやすい

なので、我慢せねば・・・

こういう世界もあるのだと、娘が知るいいチャンス

前向きにとらえてみよう・・・153.png


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-08-10 21:33 | 一般常識・マナー・躾など | Comments(0)