カテゴリ:玩具・教材( 4 )   

今日の勉強の合間には、このゲーム   


★2018年 小学1年生の女の子の日々を書いてします★

くもんの嵐

漢字が弱く、娘は苦しんでいます・・・

頭が疲れるので・・・本日はこちら177.png こちらで休憩中遊びます(笑)


出題の条件に合うように16個のマスに『1-4階建ての16個のビル』を建てるパズルゲームです。
立体的な感覚を養う脳トレ知育玩具です。
問題例が掲載された小冊子が付属しています。
立体的な感覚を養い、算数の問題を解くに必要とされる仮説思考力と、空間把握能力が鍛えられます。

【パズル道場とは】
○遊びながら脳を鍛え、才能を伸ばす!
○中学入試対策に実績を残した『算数パズル』と『空間把握能力育成プログラム』が合体!
○自分でできた喜びと、考える楽しさを体感することで、主体性が養われます。

こちらにも書かれている

立体的な感覚を養い、算数の問題を解くに必要とされる仮説思考力と、空間把握能力が鍛えられる113.png

ここがポイント!

手を動かして、具体物で学ぶこと、だんだん年齢があがっていくとやらなくなる学習法です

今はたっぷり、具体物で学ばせたい

娘は、これを遊びととらえています(笑)

ママと対決!

私も老化防止になる気がして、ちょっと嬉しい

まだまだぼけていられません!



★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-03-15 18:44 | 玩具・教材 | Comments(0)

勉強の合間にこのゲームで遊びます(脳トレ)   


★2018年 小学1年生の女の子の日々を書いてします★

土日に結構長い時間勉強していると、頭が疲れるらしく・・・

そんな時にゲームで遊びます

今回はこれっ

出題の条件に合うように、縦列・横列・太わくに1-4の数字を入れるナンプレパズルゲームです。
ひらめきと先を見とおす力を養う脳トレ知育玩具です。
問題例が掲載された小冊子が付属しています。
【パズル道場とは】
○遊びながら脳を鍛え、才能を伸ばす!
○中学入試対策に実績を残した『算数パズル』と『空間把握能力育成プログラム』が合体!
○自分でできた喜びと、考える楽しさを体感することで、主体性が養われます。

小学校受験の時に、こういった問題があるため、それで購入してあったのですが、まだまだ使えます

付属される冊子に色々な問題が書いてあるのですが、それを見て「青数字」をおき、残りを「黒数字」で埋めていく

すごーく単純だけで、頭使います!

娘は、これをタイムトライアルでやっています

昨日、1回目は運が良くて1分5秒、2回目すると2分、たまに運がよくて1分台があるのですが、なぜここにこの数字が入るのかをきちんと理解していないと、何度も同じ秒数は叩きだせないことに、少し気が付いてきて・・・ヒントをひとつあげました

3回目、56秒177.png166.png

大喜びです

なぜ、そうなるのか?

少しだけ、わかったようです

こんな具合に、我が家はペーパーの合間にも勉強させちゃってます(笑)

小学1年生、単純


★応援お願いします★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ




by rinrin2016 | 2018-03-11 18:23 | 玩具・教材 | Comments(0)

小1:アイロンビーズ   


娘のブーム

こちらです

パーラービーズ カラフルビーズ たっぷりセット 80-54235
アイロンビーズって、平面のものって思っていたのですが・・・

立体作品も作れるんですね~

びっくり

こちらの本にあるようなお菓子の家も作れちゃう113.png

子どもの手芸 ワクワク楽しいアイロンビーズ (ひとりでできる!For Kids!!)

デザイン力を養えると思うので、私も加わり、娘と作品を仕上げていきたいと思います113.png

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2018-01-10 15:07 | 玩具・教材 | Comments(0)

東京大学と慶應義塾大学の数学科と数理科学科の学生やOB・OG おすすめのおもちゃ   


昨年のクリスマスプレゼントで購入したのが、こちら

ポリドロン 標準セット


選んだのは、雑誌に載っていたから・・

特に、注目されたのは「ポリドロン」。3歳の頃から遊んでいたというのは、Yさんだ。

「中学受験の算数で、図形を切断した面の形を問うものや、展開図を組み立てるとどんな形になるかを問う問題が不得意な子は多いですが、私は得意でした。図形問題を解くヒントを直接的に得たわけではありませんが、苦手意識を持たず、直感的に立体的な図形の組み合わせの感覚が理解できるようになったと思います」

ポリドロンのパーツで作っていたのは三角錐やサッカーボール、弟の“帽子”など。遊んでいたら、空間把握力がいつの間にか身についたそう。

ほかの3点、ピタゴラス、マグ・フォーマー、ゲオマグはいずれも磁石が内蔵されているのが共通点。手先が器用ではない小さな子から、大学生まで遊ぶことが可能だ。

もともと、我が家は、こぐま会の問題集で、色々な立体図形の展開図を理解させていました

でも、自分で創りだすのは楽しいなぁと思い、購入

保育園でもピタゴラスは使ってましたけどね

こちらのポリドロンのほうが、発展性がある気がして・・・

親も結構楽しめます113.png



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




by rinrin2016 | 2017-12-09 17:41 | 玩具・教材 | Comments(0)